問題点の部分

前の記事ではネカマとサクラの問題点という部分を書いてみたわけですけどね。
実際に出会い系サイトの利用者の方でありましたら、一番関心が有る部分は1つだと思うんですよ。
結局のところこのネカマとサクラは、どちらが有害生物であるか?
という事でありますよね。
出会い系サイトを利用するにしても、このどちらが一番面倒な存在であるものか、害が有るものであるのか、当然これは誰もが気になってくるものでしょうね。
自分自身は今までに、長い間出会い系サイトを利用して来た訳なんですが、当然の事ながらこのネカマとサクラ、どちらとも会うことがありますね。
サクラやネカマの活動を、長年やっているような人物も知って居るわけですから、それぞれにどの様な事をしているものなのか、これも理解をします。
これらの知識を持った上で話せる事としては、サクラにしてもネカマにしても、存在の意義が違っているわけでありますが、結局のところ出会い系サイトの中では、面倒な存在である事は間違いがないという部分ですね。
本物の女性簡易の中でも、面倒な人物という物も実際に存在をしています。
もしかしたらこの様な人物の方が、実際に出会ってしまった場合等さらに、面倒になってしまう等とも言われているわけですけどね。
ただ合同が理解出来ない様なネカマというのは、サクラよりも難しい存在だと言う事は感じますね。
写メを見せて欲しいと頼んだ場合等は、色々なところから画像等を持ってくるわけでありますからね。
簡単にこちらに見せてくれたりもするわけであり、素人の画像等だと分りにくいときがありますよ。
自分自身ネカマの事は、一般の女性会員だと思って、メール交換を受けた事も幾度かありますね。
サクラとのメール交換は、出会い系サイトを利用始めた頃だけだった訳ですね、やはりネカマという物は分りにくい部分が有る訳で、こちらの方が有害な存在になるかもしれません。
以前もお話させて頂きましたが、ネカマというのは金銭的な目的という物が有る訳ではないんですよね。
サクラはこの事がありますからかなり積極的に、熱心にコミュニケーションを取ろうとするわけですけどね。
ネカマこれが無いわけですよ。
だからこそよって本物の女性のような雰囲気が出てしまうんですね。
出会い系サイトに慣れている場合でも、ネカマに騙されてしまうという事も出てくるんですね。
サイトの運営側にしたら、この様な存在はかえって有り難いものになるかもしれませんけどね。
しかし実際に利用者としては大変に面倒な存在である事は間違いが無いと思います。